イベント情報
  • 観光ボランティア「もてなしたい」
  • 観光協会会員募集
  • 関連リンク

郷土資料館 企画展 「いたばし教育ヒストリー~寺子屋・女子教育・戦後教育を中心に~」

内容:

 「いたばし教育ヒストリー」と題して、日本の教育の歴史で重要かつ特徴的な「寺子屋」「女子教育」「戦後教育」を取り上げて、板橋区の教育の移り変わりなどについて、関連する資料やコレクションを展示します。
 江戸時代の寺子屋の教科書「往来物」や当時の学習方法、また、明治に入り発展した女子教育については、板橋区登録有形文化財で国の重要有形民俗文化財に指定されている「渡辺学園裁縫雛形コレクション」(東京家政大学所蔵)や裁縫教育を中心にその歴史の概要を紹介します。さらに、戦後の民主化教育や高度成長期から少子化による板橋区の学区域の再編成などについて紹介しますので、ぜひ、お立ち寄りください。
 
 
 

とき:

平成29年10月7日(土)~12月10日(日) 
午前9時30分~午後5時
※月曜休館(ただし祝日の場合は開館・翌日休館)
 

ところ:

板橋区立郷土資料館
板橋区赤塚5-35-25
都営三田線西高島平駅下車徒歩13分
 

費用:

入館無料
 

この記事の問い合わせ先


板橋区立郷土資料館



5998-0081