見どころ検索

  • 史跡
  • 神社・仏閣
  • 自然・公園
  • 板橋十景
  • 文化・芸術
  • 学習・体験
  • 産業観光
  • いたばし花火大会
  • 板橋区民まつり

まちあるきコースから探す

  • 観光ボランティア「もてなしたい」
  • 観光協会会員募集
  • 関連リンク

茂呂遺跡

昭和26年3月、「オセド山」と呼ばれる独立丘陵(小山)を通る切り通し道路の断面で、石器などが発見されました。その後、同年7月に発掘調査が実施されました。旧石器時代の調査としては群馬県岩宿遺跡に次ぐ全国2例目の調査となり、縄文時代より古い旧石器時代の文化が、日本に普遍的に広がっていることが分かりました。また、この調査で出土したナイフ形石器は、非常に特徴的な形態をしていることから、「茂呂型ナイフ形石器」と名づけられました。遺跡は、昭和44年に、遺物は平成11年に東京都の文化財に指定されています。現在は東京都の公園用地となっていますが、樹林保護のため立ち入ることはできません。

基本情報

印刷

所在地
板橋区小茂根5-17
Googlemapで見る→
交通
東武東上線上板橋駅
東京メトロ有楽町線、副都心線氷川台駅

アクセスマップ