見どころ検索

  • 史跡
  • 神社・仏閣
  • 自然・公園
  • 板橋十景
  • 文化・芸術
  • 学習・体験
  • 産業観光
  • いたばし花火大会
  • 板橋区民まつり

まちあるきコースから探す

  • 観光ボランティア「もてなしたい」
  • 観光協会会員募集
  • 関連リンク

中山道戸田の渡し

中山道戸田の渡し

中山道は戸田橋で荒川を渡ります。江戸時代、徳川幕府は荒川に架橋を禁じたので、現在の戸田橋の100m下流に戸田の渡しがあり中山道を繋いでいました。戸田の渡しは明治8年ここに橋が架けられるまで続きました。
天保13年(1842年)頃の戸田渡船場書上帳によれば、渡し場長さ70間、幅8間(対岸の戸田側は幅20間)、管理は戸田側で役人の見張所を設け行っていました。
また、ここは「戸田河岸」ともいわれ、荒川の下流の江戸から積んできた塩、砂糖、雑貨品などがおろされ、江戸に向う舟には、大根や漬物など、この付近の特産物が積み込まれた所です。

基本情報

印刷

所在地
板橋区舟渡2 荒川土手内
Googlemapで見る→
交通

アクセスマップ

フォトギャラリー