特集

赤塚エリア特集Akatsuka Area Special

区内各エリアの魅力をお伝えする「エリア特集」。第一弾はいたばしを代表する人気スポット満載の「赤塚エリア」を特集します。

-目次-

パン工房 ブランジェリーケンBakery Boulangerie Ken

東武東上線・下赤塚駅から徒歩1分、エリアを代表する人気のパン屋さんと言えば、「パン工房 ブランジェリーケン」。
1234567891012345678920123456789301234567894012345678950
店内に並ぶのはバゲットや食パンなどの定番から、クロワッサンやベーグルまで40種以上!種類に応じて国産を始めカナダ、ヨーロッパ産など13種もの粉を使い分け、長時間発酵して “粉の美味しさ” を最大限に引き出しています。
盛り沢山のメニューに目移りするも、お目当てだったバゲットのサンドイッチ「カスクルート」をしっかりゲットして、気持ちのいい公園でいただきます!
Information

パン工房 ブランジェリーケン

赤塚2-2-17 東永地産ビル1F
TEL:03-5383-2216
  • instagram

ハローサイクリングHello Cycling

板橋区内の移動や散策に断然便利なのがシェアサイクルの「ハローサイクリング」。見どころ満載の赤塚エリアだから、会員登録を済ませておいて良かった!

当日は、アプリで最寄りのステーションを探して自転車を選び、予約完了。

SuicaやPasmoなどICカードを登録しておけば事前予約や暗証番号の入力も不要に。まるで自分の自転車みたいに手軽に使える!
ブレーキやハンドルなど、安全をチェックして乗りましょう。もし気になる部分があった場合、利用開始3分以内に返却すれば利用料金はかかりません。サドルの高さを調整したら、さあ、サイクリングのスタート。
Information

ハローサイクリング

  • homepage

都立赤塚公園Akatsuka Park

都立赤塚公園は、スポーツ施設やバーベキュー広場、夏には水遊びもできる噴水ひろばなどを備えた赤塚エリア最大の公園。多機能トイレやベビーベッドも園内に数カ所あり、子ども連れで一日たっぷり遊んでも安心です。
中でも、バードサンクチュアリや区の花「ニリンソウ」の自生地などがある自然林が大のお気に入り。

広々とした芝生でピクニックランチを楽しみます。解放感あふれる景色の中でおしゃべりすれば、忙しい日常はいつの間にか遠ざかっていきます。

どれからいく~?ドリンク片手にあれこれ迷う時間も楽しい!
バッグに入れてきたフリスビー、気が付けばすっかり夢中になっちゃってます。
Information

都立赤塚公園

大門16

詳しく見る

  • twitter

紅梅公園Koubai Park

途中で見かけた青いすべり台が気になって寄り道することに。ここは「紅梅公園」。たくさんの親子でにぎわっているけど、やっぱり一番人気はこれみたい。
こんなに長~いローラースライダーは初めて!思わず童心に帰ってはしゃいでしまいます。登ってはすべり、登ってはすべり、子どもたちに交じって、5回も繰り返しちゃったよ!!

Information

紅梅公園

徳丸8-5-1

松月院Shougetsuin Temple

ここはNHK大河ドラマ「青天を衝け」で玉木宏さん演じる高島秋帆(しゅうはん)ゆかりの場所と聞いて、訪ねてみることに。
西洋式軍事技術の導入を幕府に説いた高島秋帆が最新の洋式砲兵術を公開した際、ここに本陣を置いたんだって。秋帆の功績をたたえる「紀功碑」があります。

玉木さんみたいなイケメンだったのかなー。高島秋帆に思いを馳せながら、延徳4年(1492年)創建の名刹、松月院の境内を歩きます。
Information

松月院

赤塚8-4-9

詳しく見る

竹の子公園Takenoko Park

そうだ、京都(風)、行こう。ということで、やって来ました大人気のSNS映えスポット「竹の子公園」。
竹林の横にある説明板「竹のお話し」が面白くてとってもためになる!ササと竹とバンブーの違い、知ってた?

嵯峨野散策の気分で竹林をバックに撮影会。早速SNSにアップします。楽しかったー!
Information

竹の子公園

大門12
TEL:みどりと公園課:03-3579-2525

詳しく見る

郷土資料館Itabashi Historical Museum

この建物は郷土資料館の庭に移築された旧田中家住宅。当時の家具や生活道具なども展示されており、江戸時代後期から明治の暮らしを偲ぶことができます。

古民家ってどうして落ち着くんだろうね。縁側っていいなあ。

松月院を訪れて、にわかに高島秋帆先生のファンになった私たち。郷土資料館には秋帆先生が用いた西洋式の銃や砲弾なども展示されています。大河ドラマのファンの方々、幕末に興味のある方は必見ですね。

Information

郷土資料館

赤塚5-35-25
TEL:03-5998-0081

詳しく見る

  • homepage

美術館Itabashi Art Museum

一昨年リニューアルしてとってもおしゃれになった板橋区立美術館。
2F展示室へ向かうエントランスは、まるでウェディング写真撮影の舞台のよう。
大きな一枚板のテーブルが置かれた明るいラウンジでは、図録や他の展示会チラシなどをゆっくり読むことができます。
Information

美術館

赤塚5-34-27
TEL:03-3579-3251

詳しく見る

  • homepage

夢・ZYume Z

美術館を出ると聞こえてきた犬の鳴き声。誘われるように行ってみると、そこはソフトクリームのお店。と、なんとヤギまで出現!なぜヤギがここに?ソフトクリームを手に、お店の池田さんからお話しをうかがいます。

池田さんは2匹の犬とヤギを一匹ずつ順に連れてお店に通っているのだそう。お店まで来れば、あとはご近所さんが散歩に連れ出してくれるのだとか。エサは赤塚の飲食店の方々が余った食材を持ち寄ってくれたりすることも。どうりで3匹ともとっても元気。郷土資料館や美術館に来たら必ず寄ってね!犬のチョコとキリ、看板ヤギのバスくんがみなさんを待ってます!

Information

夢・Z

赤塚8-21-3

不動の滝Fudo Waterfall

すぐ近くに名水の滝があるんだって。と「ぶらり、いたばし」の地図で発見。
今は小さな流れになっているけど、古くから禊(みそぎ)の場だったそうな。どんな干ばつでも枯れなかった有り難い滝に「いつまでも枯れない女であれかし」と願をかける。

Information

不動の滝

赤塚8-11

詳しく見る

蕎麦 ひびき庵Hibikian

手打ち蕎麦の名店で蕎麦前を楽しみながら、今日(の写真)を振り返る。 
ちょっと贅沢に鴨汁せいろ蕎麦と、ひびき庵のもう一方の名物、卵とじうどん(うどんも手打ち!)をいただいて、板橋で過ごす大満足の一日を終了。うーん、楽しかった。名残り惜しいけど、また来よう!

Information

蕎麦 ひびき庵

赤塚5-34-33
TEL:03-6780-0001
  • homepage

次回の特集は

「赤塚」「板橋」「志村」「高島平」「常盤台」(50音順)の区内5エリアから、毎回一つのエリアにフォーカスしてその魅力をご紹介する「エリア特集」。
第2弾は板橋区役所や都内有数の人気商店街ハッピーロード大山を擁する「板橋エリア」をお届けします。次回の特集もお楽しみに。